ログハウスを立てたい人のお役立ちサイト ログハウスライフ

   
 

ログハウスの基礎知識

ここではログハウスの技術や、ログハウスを造るのにかかせない材木の紹介、そしてメンテナンスの事などを解説していきます。
ログハウスのメンテナンスについて学んだ後には、もうあなたはログハウスの虜のはず(笑)実際、ログハウスは、木で出来ていますけれど、耐久性もかなり良いし、メンテナンスさえしておけば、そこら辺の家よりも永く住むことが出来るのです。しかもエコと来たら、もうログハウスを選ぶ以外無いのではないかと思います(笑)

 

ログハウスの種類・構造
 
ログハウスに使われる木
 
ログハウス・メンテナンス
 
           

一般にログハウスというと、太い丸太を横に積み上げた姿をイメージする人が多いと思いますが、構法やログ材の仕様などによっていくつかの種類に分けることができます。まず「丸太組み構法」と大別されるのは、日本の在来構法同様、ログ材の柱や梁を骨組みとして建てられる「軸組み構法」のログハウス。また同じ構法であっても、手作業で加工した丸太を用いる「ハンドカット」、機械で製材したログ材を用いる「マシンカット」とでは、イメージも随分と違ってきます。

  ログハウスの最大の魅力は、なんと言っても無垢の木がもたらす自然の風合いや造形美、そして心を和ませてくれる癒しの効果ではないっでしょうか。では、日本のログハウスにはどんな木が使われ、それぞれどのような特性を持っているのでしょうか? 主だった種類の木をを紹介しています
  ついに手に入れた、あこがれのMyログハウス、でも大切なわが家を長持ちさせて、安心して使い続けるためには、メンテナンスにも気を配りたいですね。もちろん、湿気がこもらないよう換気を心がけたり、壁や床の痛み、汚れはひどくならないうちに対処をするというのは、どんな住宅にでも共通するメンテナンスの基本です。ただ、通常の住宅とちょっと異なる点は、ログハウスには「セトリング」と呼ばれる特有の現象が発生するのをご存知ですか?  
           

pickup

実力がつく!グラフィックデザイン学校【東京】おすすめBEST5