ログハウスを立てたい人のお役立ちサイト ログハウスライフ

   
 

ログハウスの種類・構造

一般にログハウスというと、太い丸太を横に積み上げた姿をイメージする人が多いと思いますが、構法やログ材の仕様などによっていくつかの種類に分けることができます。まず「丸太組み構法」と大別されるのは、日本の在来構法同様、ログ材の柱や梁を骨組みとして建てられる「軸組み構法」のログハウス。また同じ構法であっても、手作業で加工した丸太を用いる「ハンドカット」、機械で製材したログ材を用いる「マシンカット」とでは、イメージも随分と違ってきます。
仙台の不動産を探す時に、ログハウスも探してみてはいかがでしょうか色々な角度から物件を見る事ができるので参考になると思いますよ。

丸太組み構法のログハウス

ハンドカット・ログハウス  
職人さんがチェーンソーや斧を使って、1本1本丹精込めて加工したログ材を使用します。直径30cm以上ある丸太本来の持ち味が生かされて、大自然の中で暮らすにふさわしい質感や雰囲気が漂うログハウスに仕上がります。
ログ材は以前ですと、カナダなどで刻んだ輸入材が多かったのですが、近年は国産材活用を推奨する動きと相俟って、生産を手がける森林組合なども増えてきています。
   
   
マシンカット・ログハウス  
均一に製材されたログ材を横に積み上げて建てられるログハウスです。ログ材の形状は、代表的な角ログのほか丸、楕円、タイコ、Dログ(外観は丸太調、室内はフラットな壁面が得られるように加工されたログ材です)等いろいろと選べるようになってきています。
いずれにせよ製材機械で削るため、ハンドカットのログ材より径は細くなってしまいますが、ばらつきがない分、洗練された表情を演出することができます。価格が抑えられるのも魅力で、塗装を施して街中に立てられるケースも多くなってきています。
   
   
キットで作るログハウス  
大工や左官仕事などの職人技術を要する軸組み構法に比べ、ログ材を横に積み上げていく丸太組み構法は、素人でも理解しやすい建て方です。「だったら自分で建ててみたい」。そんな消費者の要望を受けて、普及し始めたログハウスならではの供給方式が、セルフビルドのための「キット販売」です。
素人には難しい基礎工事・屋根工事・電気工事・水道工事等は外注し、本体パーツの組み立てを自分で行うのですが、庭先に建てる離れやワンルームの小屋程度なら、日曜大工の感覚でチャレンジできるようです。販売業者によっては建築アドバイザーをつけてくれたり、体験スクールを催すなど、セルフビルドを支援するためのメニューもいろいろ用意されています。
   
   

 

軸組み構法のログハウス

軸組構法のログハウス  
近年、「ポスト(=柱)&ビーム(=梁)」という呼び名で知られるようになったのが、軸組み構法のログハウスです。わが国の在来構法同様、柱と柱の間にログではない壁(真壁)をもち、間取りや仕上げ材のバリエーションなど、自由度の高い設計を施すことが可能です。
同じ構法で、柱や梁にハンドカットのログ材ではなく、四角に加工したオーク材を用いた建物は「ティンバーフレーム」と呼ばれています。ヨーロッパで発祥した伝統木造住宅で、最近ではオーク材以外でも用いられるようになっています。。
   
   

注目サイト

声優になるには?名古屋の声優養成所比較ランキング
ステンドグラス ランプ